[スケートボードの歴史]  [概要/問合せ]  [組織図]  [沿革]  [協会規約]  [会員規約]

日本スケートボード協会は1982年3月に、70年代後半に生まれた多数のスケートボード協会が活動休止状態であったため、現役の選手達 を中心に利害やブームに左右されない、スケーターの為のスケーターに よる協会として活動をスタートした。
第4次体制(1995年)よ りインストラクターの公認事業や主催大会の定期開催化を中心に、安定 した運営体制を確保したことに伴い、日本のスケートボーダーの為のバ ックアップ・サポートを推進していく体制が整い、プロ及びアマチュア コンテストを合わせて毎年20回以上の大会を開催するに至り多くのスケートボーダーの輩出、中には海外での大会に招待されて好成績を収めるまでになった。
2016年8月4日に発表された東京オリンピックでの正式競技決定を受け、協会としてその成功の為に関係機関との協力体制を築いていく事になった。

The AJSA was established in 1982 by active and leading skateboarders in Japan for the sake of skateboarders by consolidating a few small groups of skateboarders already existing then. Since 1995 with the new structure and vision, the AJSA expanded its activities to include the instructor classes as well as to hold several pro contests and, for the amateurs over ten annually in various parts of Japan. It has also supported many local and regional small contests throughout Japan initiated by the member skateboard shops and individual skateboarders. Recently, the skill level of Japanese skateboarders have improved substantially and are able to compete in overseas contests bringing home some good results. On August 4th, the skateboarding was confirmed to be added to the Tokyo Olympics In 2020. The AJSA will extend the maximum support so that the first skateboarding in the Olympics will succeed.